ー深呼吸するように自然で心地良いものー
 

 

観葉植物の豆知識

 

観葉植物の育てる場所

観葉植物の置き場所は、観葉植物を育てるうえで大事な要素になります。
基本的に光・温度・水が3要素になります。

明るい場所を好む観葉植物、半日陰でも育つ観葉植物など、好む光の具合がそれぞれ異なります。
温度も冬場の越冬温度が、0℃以上でOKな観葉植物もあれば、10℃以上必要な植物もあり、品種よって様々です。
また、水の具合も、サボテンのように砂漠地域でも育つ観葉植物であれば、水をさほど必要としなかったり、観葉植物の種類によって異なりますので、それぞれの観葉植物の種類に応じて育て方が異なります。
人間と一緒で、育ってきた環境によって特性がありますので、その特性にあった置き場所に置いてあげるのが、その植物らしく、元気にいつもみずみずしくしいられるポイントです。
 
 

植物と光

植物に光(太陽)は必要不可欠です。
一般的には、植物は太陽の方向に向かって伸びると言われています。
ですが、植物は光と逆側に細胞を多く作ります。
光が当たらない影の部分の方が成長が早いというわけです。

数週間に一度、鉢を90度まわしてあげてください。
光のさす方向に植物が伸びてしまうことを防ぎ、観葉植物をバランスよく美しく育てることができます。
 
 

植物と室内環境

観葉植物は常に蒸散作用というのを葉っぱで行っていて、湿気を
葉っぱから出してくれ、「加湿器」の役割をしてくれます。
特にモンステラやオーガスタなどの「葉っぱの大きい観葉植物」は、葉の面積が大きい分効果があります。
乾燥する冬場のお部屋に観葉植物は欠かせません。
また夏場は、反対に温度や湿度を下げてくれます。
 
観葉植物やグリーンは、安らぎや心を潤し、精神を安定させてくれ、人間本来の自然治癒力を高めてくれる癒し効果だけでなく、環境にも優しいのです。
 
 

ハンドメイドアクセサリー販売している「Pianta」では、大切な時間を共に過ごせる手作り作品を販売しております。販売している作品ブランドは、どれも製作者のコンセプトとこだわりが詰まった素敵なハンドメイドです。深呼吸するように自然に身につけられる、心地よいアクセサリーの数々をご紹介しております。販売しているアクセサリーの種類としては、ブレスレットイヤリングピアスアンクレットネックレスなどがあります。身につける度にその魅力に引き込まれてしまうハンドメイドアクセサリーは、「Pianta」でお探し下さい。